便利なlineの不便な時

Lineはとても便利なアプリです。便利で普及しすぎているため、この間かえって不便な状況になったことがあります。平日の朝に電車通勤をしていたのですが、朝から会議のある日に限って、普段はない遅延が起きていました。

1-2分ならいいのですが、その日は15分かかっても復旧しません。アナウンスによれば、隣の駅で人が線路に落ちてけが人が出ているとのことで大きな事件になっているとのことでした。

とりあえず職場に遅れる可能性がある旨、同僚にlineでメッセージを送っておきました。その後すぐにlineのメッセージ着信音がしたので、携帯を見たのですがメッセージは更新されていませんでした。

音がしたのでおかしいな、と思ったところ、どうも隣の人の携帯が鳴っていた模様。隣の人も私と同じようにlineで連絡をしたようです。その後、周辺で何回も鳴るlineの着信音。

周囲を見てみれば皆、lineで同じことをしているようで、着信音があちこちで起きています。狭い電車内で音が鳴ったあたりのサラリーマンが一斉に自分の携帯を見る、の繰り返しが頻発していました。

ただでさえ満員電車で動きにくいのに、携帯を必死に確認するのは疲れます。私は途中で嫌になって、自分の携帯を常に眺めていることにしました。その日は朝から出勤だけで疲れてしまいました。便利なはずが疲れの原因になったlineの音はしばらく聞きたくなくなりました。