チャットレディへの転職あくまで副業

「月に600万円稼ぐ人もいます」「最高時給無制限」ネットの此処彼処に散らばるバナーを見ると「今の仕事を辞めて、チャットレディになる方がいいのかも?」とつい思ってしまいます。

チャットレディのお仕事はあくまで副業で本業にはしないことです。仮に本業同然であっても「他に仕事をしています」と言うべきです。

というのも「これからはチャットレディを本業にします、一日中張り切って頑張ります」などと登録初日に言い切ってしまうと、売れなくなってしまったときに深く傷ついてしまうからです。

また、男性側もチャットレディだけを本業にしている人よりも、他にお仕事がある人に目が行きやすいものですし「ずっと独身です」という人よりは「普段は主婦です」と言える人の方にそそられる傾向があります。

さらに「普段のお仕事は?」と聞かれたときに「チャットレディです」と答える人よりも、母性を感じるお仕事をしている人の方が、より男性はそそられるようです。

人気が高いのは「保母です」「ピアノの調律師です」「介護福祉士です」「看護師です」「美容師です」「ヨガ教室講師です」とすぐ言える上、物腰が丁寧で、ブレない人です。

「普段はゲームおたく」「在宅でデザイナーのお仕事をしています」「イラストレーター」は、残念ながらあまり人気が無いようです。男性にも人気があるお仕事はそそる対象にはなりにくいようです。女性特有の母性が男性には魅力に映るのです。